稼げる競艇サイト探しは競艇チェッカー!

【福岡】川上剛選手のデータ

所属登録番号登録期級別特徴
福岡支部418991期A1級自在
勝率2連対率3連対率出走回数優出回数
6.3443.20%65.85%164回3回
川上剛選手 特徴

川上 剛(かわかみ つよし)選手は、福岡支部に所属するA1級の競艇選手。91期生で、同期に小川時光選手、松下一也選手、長嶋万記選手、久田敏之選手、山口剛選手、松村康太選手らがいる。弟子に仲谷颯仁選手、西山貴浩選手、三原司選手、長尾京志郎選手、安部慎一選手がいる。

川上剛選手は、2002年11月15日に芦屋競艇場で開催された「JLC日本レジャーチャンネル杯競走」初日の2Rでデビューし、4着に入った。

2003年4月25日に福岡競艇場で開催された「西日本スポーツ杯争奪戦」2日目の1Rで、6コースからまくり差しを決めて初勝利し、12月21日に若松競艇場で開催された「第31回しぶき杯争奪戦競走」で初優出を果たした。

2005年10月10日に下関競艇場で開催された一般競走で、4コースから差しを決めて初優勝を飾った。

2005年10月14日に鳴門競艇場で開催された「ダイヤモンドカップ競走」5日目の1RでG1初出走し、2006年2月11日に大村競艇場で開催された「第52回九州地区選手権競走」3日目の4Rでイン逃げを決めてG1初勝利を飾った。

2009年8月25日に丸亀競艇場で開催された「第55回モーターボート記念競走」初日の1RでSG初出走し、同節3日目(27日)の7Rでイン逃げを決めてSG初勝利を飾った。

2010年1月17日に唐津競艇場で開催された「開設56周年記念 全日本王者決定戦」でG1初優出し、優勝戦では4着に入った。

2011年9月3日に芦屋競艇場で開催された「BOATRACE振興会会長賞競走 テレボートカップ」3日目の7Rで、3コースからまくりを決めて通算500勝を達成した。

2015年2月13日に唐津競艇場で開催された「九州地区選手権」で、1コースからコンマ06のトップスタートを切って逃げ切りG1初優勝を飾った。

2018年3月4日に大村競艇場で開催された「公営レーシングプレスカップ」3日目の1Rで、イン逃げを決めて通算1,000勝を達成した。

川上剛選手の特徴・得意なコース

続いては、川上剛選手の得意なコースや特徴を見ていこう。

川上剛選手の平均スタートタイミングは0.18と、SG級の選手としても遅いスタートタイミングとなっている。ただし、スタート事故は少ないため、スタートに慎重なタイプの競艇選手であることがわかる。

川上剛選手は、SG競走における優勝歴はないが、一般競走では常に優勝争いに絡むほどの実力を持っている。どのコースからの登場でも連に絡む実力を持っているが、3コースと6コースの時は勝ち切れない状態にある。

川上剛選手の優勝歴

SGの優勝歴

  • なし

G1の優勝歴

  • 九州地区選手権(2015年2月13日・唐津競艇場)

G2の優勝歴

  • なし
ページトップへ